NEW YORK YANKEES™ 44MM【1923 YANKEES™ AWAY CHRONO】- RECLAIMED SERIES/LIMITED EDITION -
original
5cf63c7bd211bf44d93422c9 5cf63c7bd211bf44d93422c9 5cf63c7bd211bf44d93422c9 5cf63c7bd211bf44d93422c9 5cf63c7bd211bf44d93422c9 5cf63c7bd211bf44d93422c9 5cf63c7bd211bf44d93422c9 5cf63c7bd211bf44d93422c9 5cf63c7bd211bf44d93422c9 5cf63c7bd211bf44d93422c9 5cf63c7bd211bf44d93422c9

NEW YORK YANKEES™ 44MM【1923 YANKEES™ AWAY CHRONO】- RECLAIMED SERIES/LIMITED EDITION -

残り1点

¥88,000 税込

送料についてはこちら

ブランド名: Original Grain 商品名: NEW YORK YANKEES™ 44MM【1923 YANKEES™ AWAY CHRONO】- RECLAIMED SERIES/LIMITED EDITION - 価格: ¥80,000 + 税 1920年、ベーブ・ルースがレッドソックスからヤンキースに移籍、54本塁打をマークする大活躍で一気にスター選手になり「ルース効果」でヤンキースの年間観客動員がメジャーリーグ史上初めて100万人を突破。その後ヤンキースは新球場の建設を始め、1923年4月18日、レッドソックス戦でこけら落としした1923年初代ヤンキー・スタジアム。こういった建設の経緯から、ヤンキー・スタジアムは「ルースが建てた家」(The house that Ruth built )との異名をもちます。その1923年初代ヤンキー・スタジアムにて実際に選手や観客が腰をかけたブルーウッドシート (Authentic 1923 Original Yankee Stadium™ Seats)を再利用しております。 ダイヤル部にはYankees™ ピンストライプス (Yankees™ Pinstripes)が入ります⚾️ 商品詳細: ● 全世界250個限定発売 ● 1923年、オリジナルのニューヨークヤンキースタジアムで、実際に使用されていたウッドブルーシートを再利用 (Authentic 1923 Original Yankee Stadium™ Seats) ● ストーンウォッシュド316L ステンレススチールケース&バンド (サージカルステンレスを使用) ● ダイアルカラー: Yankees™ ピンストライプス入り (NEW YORK YANKEES™ Pinstripe Dial) ● 文字盤ガラス / ケース(裏面): サファイアクリスタルガラス(キズ防止加工) ● ムーブメント: Japanese Miyota Quartz 6S21l ● 交換用ベルト: NEW YORK YANKEES™ Brandedレザーバンド ● ベルト交換用ツール付き ● シリアルナンバー付き (1~250) ● カスタムウッドコレクションボックス入り ● オフィシャルMLBプロダクト ● ケース:10気圧防水 [サイズ] ● ケースサイズ: 直径44mm (ウッドベゼル部分含む) ● バンドサイズ: 幅22mm ※スチールバンドはサイズ (長さ) 調整が必要です。 [注意] ● 木材は実際に使用されていたウッドブルーシートを再利用しておりますので一つ一つ風合いが異なり、また木材の状態、色合いは使用当時のままになります。 ● Original Grain国内正規取扱い店舗、またはAGD株式会社 (日本総輸入代理店) 以外でご購入した商品(並行輸入商品に対しては保証対象外となります)。またOriginal Grain USAサイトでのご購入商品に関しても保障対象外となります。日本国内正規取扱い店舗/AGD株式会社(日本総輸入代理店)以外でのご購入商品の修理は受け付けておりませんので予めご了承下さい ● 正規取扱店または日本総輸入代理店での購入商品には保証書が付いています。尚、この限定商品は通常商品と保証内容と異なりますので、保証内容に関しては必ず商品に添付されている保証書をご確認ください。 ● お客様都合によるご注文後の返品・キャンセル・交換は一切受け付けておりませんので、予めご了承下さい ● 1923年ヤンキースタジアムの歴史: ヤンキースは1913年からポロ・グラウンズをニューヨーク・ジャイアンツ(現サンフランシスコ・ジャイアンツ)と共用していた。しかし1920年、ベーブ・ルースがレッドソックスからヤンキースに移籍、54本塁打をマークする大活躍で一気にスター選手になり「ルース効果」でヤンキースの年間観客動員が大リーグ史上初めて100万人を突破した。これに気分を害したジャイアンツのジョン・マグロー監督は「1921年以降はポロ・グラウンズを使うな」とヤンキースに通告した。そこでヤンキースは新球場の建設を決めた。最初はマンハッタンへの建設が検討されたがルース効果で儲かっていたヤンキースでさえ手が出せないほどマンハッタンの地価・花崗岩掘削費が高かったため、これは断念せざるを得なかった。他の地区を調査したヤンキースは1921年2月6日、ハーレム川を挟んでマンハッタンの反対側に位置するブロンクス区の材木置き場を10エーカー購入した。そこはポロ・グラウンズからは1マイルも離れていない場所だった。新球場は、僅か230日で建設され1923年4月18日、ボストン・レッドソックス戦で開場。74,217人の観衆が集まり、さらに20,000人ほどが球場に入りきれなかったという。こういった建設の経緯から、ヤンキー・スタジアムは「ルースが建てた家」(The house that Ruth built )との異名があります。